syabito’s blog

写人です。走り回ること、山に登ること、写心を撮ることが好きで、人呼んで「鮪」と発します。

米寿と還暦親子。ダブルでまかか

隆盛を誇る雲間から、

鋭く差し込む太陽の陽射しに心を休める時、
遥か雲の上を、音もなく流れ去る気流は、
たゆみない宇宙の営みを告げています。

果てしない光の帯を、
豊かに流れゆく風に心を開けば、
煌く太陽の声が聞こえてくる、夕暮れ時の、なんと饒舌なことでしょうか。
厚い雲に消えていった輝く太陽も、瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
写人が、あなたにお送りする写心の定期便。「maguroストリーム」。
皆様の、お供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190624203614j:image

今年3月6日に米寿を迎えたばあさん(母親)と6月14日に還暦を迎えた息子のランチデート。

食事に連れ出したのは記憶にないぐらい久しぶりだ。

ゆっくりしか食べられないし、こぼしもするし、量も食べられない。

でも、ここならきっと大丈夫。

美味しかったって。

2人分払うと言ってきかない、頑固な昭和女。

昔、近所に住んでいたこともあり、

「ここ、昔なんやったかな」

「女湯や」

「ああ、銭湯やったか」

「・・・」

散々、親不孝してきました。

還暦を迎えて定年を機に、2人で過ごす時間を増やしていくつもりです。

今更遅いかもしれませんが、精一杯孝行したいと思っています。

令和元年は親子で真っ赤かです。

f:id:syabito:20190624203618j:image

そして、ルーティーンはステキなサンセット。

無類のサプライズサンセットフェチ。

ほんの一瞬。

f:id:syabito:20190624203621j:image

無理かなあって思ってたら、厚い雲がパカって割れて光の帯が一閃。

神秘的なサンセットでした。

神様からの贈り物かな。

 

1匹のモンシロチョウがひらひらと舞っています。

遠くから子どもたちが野球に興じる元気な声が混じって、「よろしくお願いしまーす」の鶯嬢の声が聞こえてまいります。

夕闇迫る中、遠ざかるにつれ、初夏の風と区別がつかなくなります。

お送りしましたこの写心が、美しくあなたの夢に溶け込んでいきますように。

写人がお送りした音楽の定期便、「maguroストリーム」。
お供をいたしましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

6月24日 8.40キロ 161.90キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景 #福井

ステキなエイド、いや、ゴミステーション

遠い山並み上空の厚い雲から、
顔を覗かせた赤々とした夕陽に心を休める時、
遥か雲の上を音もなく流れ去る風は、ゆったりと一日の終わりを告げています。

突然オレンジ色に染まった東の空に、心を開けば、夕暮れの静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていった太陽が瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
写人が、あなたにお送りする写心の定期便。「maguroストリーム」。
皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190623212010j:image

明日はゴミ収集日。

マイ秘密基地に帰投後、慌ててエイドならぬゴミステーションへGo。

すると、な、な、なんと、ステキな夕陽と夕焼けが目の前に。

こんなナイスゴミ捨てランってある?

f:id:syabito:20190623213654j:image

ハッピーチーズ。

いつも、チーズソムリエオススメのハードを3種。

そして、うちのばあさん(母)の呆け防止にウオッシュ。

大好きなチーズケーキ、ゴルゴンゾーラとグラナパダーノの2種。

f:id:syabito:20190623213709j:image

料金は三千291(フクイ)。

グラム売りなので、

「ちょーラッキー」

と、ひとしきり盛り上がり。

f:id:syabito:20190623215442j:image

かくれわ。

丸々「吉川ナス」届けて、

おばんざいランチ。


ジェット機の翼に点滅するランプは、
遠ざかるにつれ、
次第に光り輝く夕陽にかき消されて区別がつかなくなります。

お送りしましたこの写心が、美しくあなたの夢に溶け込んでいきますように。

写人がお送りした写心の定期便、「maguroストリーム」。
お供をいたしましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

6月23日 9.16キロ 153.50キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景 #福井

振り向かないで

雨に煙る表参道の木々に心を休める時、
遥か雲海の上を、音もなく流れ去る気流は、
たゆみない宇宙の営みを告げています。

豊かに流れゆく風に 、一面雲海の隙間から見え隠れする街並みに心を開けば、
古の声も聞こえてくる朝の静寂のなんと饒舌なことでしょうか。
雲海に消えていったはるか彼方の水平線も、瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
写人が、あなたにお送りする写心の定期便。「maguroストリーム」。
皆様の、お供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190622130540j:image

ササユリが見頃を迎えています。

雨粒に濡れてしっとりとした美しさを醸しています。

傾き開けた大文殊本堂も心なしか元気を取り戻したように感じる朝です。
f:id:syabito:20190622130600j:image

文殊山で朝食を!

今朝のメンバーはユニークな個性派集団です。

ニッコウキスゲとのアンバランスが絶妙でございます。
f:id:syabito:20190622130653j:image
f:id:syabito:20190622130624j:image

文殊本堂を守る御神木にも御神酒。

文殊の知恵を授かりたいのですが、振り向いてばかりなので文殊菩薩さまも呆れ顔のようです。
f:id:syabito:20190622130610j:image

山頂では、シャキシャキレタスのサンドイッチとチーズケーキを食べましたが、空腹を満たすまでには到底足りません。

下山後、行きつけの喫茶店に飛び込んで、山盛りキャベツの存在感ハンパないてす。

スペシャルチャーハンを食べてようやく一息といったところです。

僕にとってキャベツは薬なのです。

 

早朝登山の、雨煙と雲海が広がるにつれ遠くの水平線は、次第に鉛色の空と区別がつかなくなります。

お送りしましたこの写心が、
美しくあなたの心に溶け込んでいきますように。

写人がお送りした写心の定期便、「maguroストリーム」。
お供をいたしましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

6月21日 6.3キロ 144.34キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景 #福井

守られた伝統、養蚕

梅雨明けはまだまだと言うような灰色の空が明けて、白白とした夜明けの時に心を休める時、
青々と茂った稲を揺らす風は、たゆみない成長の営みを見るようです。

豊かに流れゆく風に心を開けば、天を目指す花が揺れる朝の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。
光を届ける燦々と輝く太陽が瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
写人が、あなたにお送りする写心の定期便。「maguroストリーム」。
皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190621222737j:image

立葵の花が夏を待ちきれずに、天辺の蕾がほころび始めました。
f:id:syabito:20190621222749j:image

福井、いや北陸唯一の養蚕農家で県産繭の出荷準備が始まりました。

愛情を注ぎ込んだお蚕さんがせっせと作った繭玉を、一つ一つ丁寧に仕分けします。一匹で作った単繭と2匹以上で作った玉繭を選別します。

今年は2万個だそうです。

昔話に花を咲かせながら、1日で作業を終えます。少しでも早く乾燥させないとならないからです。
f:id:syabito:20190621222729j:imagef:id:syabito:20190621222754j:image

お蚕さんは桑の葉をひたすら食べ続けます。

f:id:syabito:20190621222720j:image

蚕室はお蚕さんが桑を食べる音で賑やかだそうですが、やがて音が止みます。

耳を澄ますと、パチパチと不思議な音がし始めるそうです。繭を作り始めたお蚕さんの合図です。

今年は未明に始まりました。

なんと、2日ほどで真っ白で綺麗な繭玉を作ります。

糸を吐きながら作るので、お蚕さんは小さく縮んでしまうようです。

養蚕を始めて40年以上。一時は必要としてくれる人がいなくなり、辞めることも考えたそうですが、今は大切に育てた繭を必要としてくれる女性が三国にいます。糸を紡いでいます。

心込めて作られた物には命が宿ります。それで作られた物にのりうつります。

日本の伝統がいつまでも続いて欲しいですね。

 

そして、繭の中では幼虫だったお蚕さんがサナギなって、羽化を目指してるんですね。

 

お送りしましたこの写心が、美しくあなたの夢に、溶け込んでいきますように。

写人がお送りした写心の定期便、「maguroストリーム」。
お供をいたしましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

6月20日 6.41キロ 138.04キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景 #福井

恋い焦がれた伝統野菜

遠い地平線が消えて、
深々とした夜の闇に心を休める時、
遥か山並みの向こうがオレンジ色に染まる時、音もなく落ちていく夕陽は、
たゆみない宇宙の営みを告げています。

待っていたように瞬き出して一番星に心を開けば、夕暮れの静寂の、
なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていった真っ赤な夕陽が、
瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
写人が、あなたにお送りする写心の定期便、「maguroストリーム」。
今宵、皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

 

f:id:syabito:20190619211601j:image

半年のご無沙汰です。

千年以上の歴史を持つ吉川ナス。あの有名な賀茂茄子は、実は吉川ナスがルーツです。

品種改良がされていないため栽培が難しく収穫量が少ないため、栽培農家が一軒にまで衰退しましたが、「このまま失ってはいけない」と、平成21年、10人の有志が立ち上がり、たった1人で守り抜いた農家から種を受け継いで復活したました。

収穫時期は6月から11月で、重さ約300㌘の丸ナスです。皮が薄く締まった肉質が、和洋中イタリアン、スイーツまで幅広く合います。

現在は国が地域の高品質な商品を登録、保護する「地理的表示(GI)保護制度」に北陸、伝統野菜初で登録されました。

今日は道の駅西山公園で、丸々と太った吉川ナスを3個購入。朝一番で完売してしまうので、第二便を狙って昼一番に狙いが奏功。

「採れたて。一番大きいのを3つ持っていってください」

「おお。なんとラッキー」。思わず声が出てしましましたよ。

そして、ランチはもちろん吉川ナスバーガーを食べてきました。


f:id:syabito:20190619211609j:image

今日の夕陽は凄かったですね。

薄雲が広がって、太陽の輪郭がくっきり。息を飲むような真っ赤でまん丸な夕陽でした。

こんなにオレンジ色に染まったのは久しぶりでした。

そんな中でのルーティーン。風邪はまだまだ治っていませんが、我慢できずに飛び出しました。

ここまできたらあとは、気愛で風邪を蹴散らします。

 

夜の帳が落ちるにつれ、次第に星のまたたきがはっきりくっきりしてきます。

お送りしましたこの写心が、美しくあなたの夢に溶け込んでいきますように。

写人がお送りした写心の定期便、「maguroストリーム」。
お供をいたしましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

6月19日 12.36キロ 131.63キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景 #福井

写心の意味

梅雨らしいどんよりとした厚い雲に心が沈む時、
僅かな雲間から、ほんの一瞬さした光の帯が心を晴らしてくれます。

深くなり始めた木々の葉を揺らす風に心を開けば、
季節の移ろいを感じる朝の光景の、なんと饒舌なことでしょうか。
一瞬で消えた梅雨空の向こうの朝日が、瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
写人が、あなたにお送りする写心の定期便「maguroストリーム」。
皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

 

f:id:syabito:20190619091804j:image

来月20日、講師をさせていただく写真ボランティアカメラ講座の申し込みが今月15日から始まったのですが、2日間で定員に達してしまったようで、改めてボランティア、写真への関心の高さと責任を感じています。

この講座は福井国体に合わせても何回かさせていただきました。

「会場で僕を見かけたら、是非声掛けてください」

競技会場で何人もの生徒さんに声を掛けてもらいました。

「初めてで不安でしたが、福田さんの顔見たら、フゥーっと肩の力が抜けました」

やはり、心に寄り添うというのは大事だなあって改めて感じていました。

そして、今回の最大のテーマは「心に寄り添う撮り方」。

カメラマン人生38年、常に意識してきたテーマです。

「写真はカメラで撮るのではない。心で撮るんだ」

僕は撮影中、カメラを向けている時間が極端に短いカメラマンです。90%以上、被写体を見ているか、心で語り掛けてます。シャッターを切るまでに何時間も掛かることも多々あります。

それは被写体がなんであってもです。

写心について2時間。伝えてこようと思っています。技術的なことは一切話さないつもりです。

参加された方はびっくりするかもですが。


f:id:syabito:20190619091825j:image

神戸市で見かけた光景です。福井では考えられないのですが、都会では目にします。

粗大ゴミの中に捨てられた、ぬいぐるみが声を掛けてきたんです。小一時間話してました。

何を話したか。

クマのぬいぐるみの声が聞こえてきますか。

 

f:id:syabito:20190619091814j:image

自宅を出るとき愛車のフロントガラスに一匹のカエルが。しばらく話しました。

「俺も連れていってよ」

近くの喫茶店まで連れて行きました。

何を話したか。

カエルの声が聞こえますか。

 

f:id:syabito:20190619095114j:image

登山中に出会った国の天然記念物、ニホンカモシカ

腰を下ろして、ジビエ料理のこと、数が増えたことなどいっぱい喋りました。

「じゃあな」

何を話したか。

カモシカの声が聞こえますか。


f:id:syabito:20190619095128j:image
f:id:syabito:20190619095101j:image

レーニングラン中に羽化したばかりのトンボを見かけました。一生が物凄く短いことなど30分以上話しました。

別れる時、ちょこんと僕の頭に止まりました。

何を話したか。

トンボの声が聞こえますか。

 

大きい地震のニュースを伝える着信音が忙しく鳴ります。

心配した津波被害もなく、心から安堵する朝です。

お送りしましたこの写心が、今日もあなたの心に溶け込んでいきますように。

写人がお送りした音楽の定期便、「maguroストリーム」
お供をいたしましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

早朝のストロベリームーン

東の文殊の山の空が赤く染まり始め、
赤紫色の一日の始まりに心を休める時、
遥か西の彼方に沈み行く満月が、
たゆみない宇宙の営みを告げています。

満点の星をいただく天空を、
微かに流れゆく風に心を開けば、
煌く月の名の物語も聞こえてくる、夜明けの静寂のなんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていった赤い月が、瞼に浮かんでまいります。

これからのひと時。
写人が、あなたにお送りする写心の定期便、「maguroストリーム」。
皆様の、お供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190618074327j:image

必ずピンクに染まるはず。

どうしても見たかった夜明けのストロベリームーン。

数日前から引いた風邪の影響で喉痛く、声が出ない日が続いている。

大事を取ってルーティーンランは休養している。でも、4時に体内目覚まし時計が起こしてくれる。

カメラを手に西に向かって飛び出した。

予想通り、夜明け独特の赤紫に染まった西の空に、大きくてピンクに染まった満月が、今にも地平線に落ちそうな低い位置に煌々と輝いている。

昨夜は、今の時季、一番明るく輝く木星ジュピターが満月の側に寄り添っていた。明るい満月に負けることなく輝いて。

今は見当たらない。
f:id:syabito:20190618074337j:image

サヨナラ。

銀杏の木の周りに咲いた黄色い花がそよ風に揺れている。

月は夜中ほとんど動かないのに、この時間どんどん西の地平線に沈んで行く。
f:id:syabito:20190618074407j:image
f:id:syabito:20190618074411j:image

西の空から昇る朝日に急かされるようにスピードを上げる。

あっという間に街並みの向こうに消えていった。と同時に東の空に朝日が顔を出した。

改めて、地球って回っているんだな。

 

文殊の山肌に赤く輝く、メガネ産地鯖江をアピールする「👓SABAE」のランプは、明るくなるにつれ、そっと消えて行きます。
次第に星のまたたきと月も、空と区別がつかなくなります。

お送りしておりますこの写心が、美しくあなたの心に溶け込んでいきますように。

写人がお送りした音楽の定期便、「maguroストリーム」。
お供をいたしましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。