syabito’s blog

写人です。走り回ること、山に登ること、写心を撮ることが好きで、人呼んで「鮪」と発します。

空の日、大空へジャンプ

真っ赤に染めた朝日が厚い雲に覆われて、

一面真っ白に姿を変える時、

深夜の天気予報が珍しく外れたことを告げています。

1時間、2時間、3時間・・・

やがて、レースのカーテンを突き破ります。

これからのひと時。

写人が、あなたにお送りする写心の定期便「maguroストリーム」。

今宵、皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190920220705p:image

空の日、大空を翔ける。

真っ赤な朝焼けに始まった1日は、

あっという間にどんより曇り空に覆われます。

顔を出さない太陽が雲の向こうで天頂に到達すると、一気に青空が広がります。

f:id:syabito:20190920221129j:image

文殊の頂から一筋の飛行機雲が一閃。

サンフランシスコ発、仁川行、ユナイテッド航空

9085キロ、12時間25分の大空の旅。

8202キロ、文殊山上空を通過して、残り1時間30分で旅の終わりを迎えます。

空の日に僕の真上を通過した記念すべき飛行機。


f:id:syabito:20190920220715j:image

ジャズライブデビューした母親は、今宵もノリノリ。

早速、ウーロン茶とジンジャエールで乾杯して、ライブの始まり。
f:id:syabito:20190920220531j:image
f:id:syabito:20190920220726j:image
f:id:syabito:20190920220541j:image

いつもなら、サックス、ドラム、ときにパーカッションが加わり、軽快なリズムを奏でますが、

今宵は、ピアノとベースのデュオ。

しっとりと落ち着いた素敵なライブとなりました。

どちらかと言えば、縁の下の力持ちの2人の慣れない掛け合いも、

とても新鮮でした。

f:id:syabito:20190920220653j:image
f:id:syabito:20190920220556j:image

〝ライブハウス〟のオーナーの渾身の料理が花を添えました。

母親は、チーズケーキまでオーダーして、人生初めてのジャズライブを堪能する姿に、目を細める息子でした。

 

ステージ中央で、ゆらゆら揺らめくロウソクの炎をぼんやり眺めながら、

2人が奏でるリズムに目を閉じれば、

曲の物語が瞼に浮かびます。

お送りしたこの写心が、あなたの心に美しく溶け込んでで行きますように。

写人がお送りした写心の定期便「maguroストリーム」。

今宵、皆様にお届けしたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

9月20日 6.12キロ 98.65キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景写真

日本の四季をいつまでも感じていたい。

強い北風が、

ススキや稲穂を大きく揺らします。

足早に流れ去る雲に阻まれた朝日が、

待ってましたとばかりに、体いっぱいに降り注ぎます。

毎朝出会う、散歩中の子犬たちの柔らかそうな毛が、強い風になびきます。

これからのひと時。

写人が、あなたにお送りする写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190919104029j:image

ススキの穂が随分出てきましたね。

今朝は風が強くて、右に左に大きく揺れて行く手を阻みます。

最近街中で、ススキを見かけなくなりました。

外来種セイタカアワダチソウ駆除で、一緒に刈り取られてしまってるようです。

日本は四季のある国です。

春夏秋冬それぞれに季節を感じさせてくれる草花や木があります。

作業性を考えると仕方ないのかもしれませんが、

外来種共々在来種まで駆除してしまうのは、とても悲しいですね。f:id:syabito:20190919104025j:image

いつもの畔で腹筋。

稲は刈り取らないといけませんね。

人は、自然から季節の移ろいを感じさせてもらいます。

だらこそ、自然を大事にしたいですよね。
f:id:syabito:20190919104046j:image

強い秋風に数羽のカモが流されてゆきます。

地面に目をやれば、一本の抜けた羽が。

換羽なのかな。

髪は長い友達。

俺も換羽してくれないかな。

f:id:syabito:20190919104038j:image

親子でグリーンスムージーを飲む。

毎朝のルーティーン。

母親は毎朝楽しみのようで、

「美味しい」

を連発してます。

歯の関係で、思うように食べられないので、

飲む栄養補給です。

 

めっきり姿を見かけなくなったモンシロチョウが、

ひらひらと一緒に〝走〟ります。

つられて、赤トンボも。

お送りしましたこの写心が、あなたの心に元気を届けられますように。

写人がお送りした写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

9月19日 5.58キロ 92.53キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景写真

米寿のお祝い

どんよりとした真っ黒な雲に覆われた雨上がりの朝は、

飛び出す勇気が湧いてきません。

雨空を見上げて、

パァーンと頬を叩いて目を覚まします。

顔をわずかに濡らす霧雨が、

やがて、流れる汗と区別がつかなくなります。

気がつけば、西の空から、高い高い青空が広がってきました。

すっぽり雨空に阻まれた太陽が顔を出すのに、時間かからない気配です。

これからのひと時。

写人が、あなたにお送りする写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190918105900j:image

f:id:syabito:20190918105929j:image

これ以上無理とでも言うように、頭を垂れた稲穂から、

「早く刈って」

囁きが聞こえてきそうです。

f:id:syabito:20190918122610j:image

と思っていたらランチは、

新米。
f:id:syabito:20190918105918j:image

なんでも落ちてるなあ。

毎朝走っていると、いろんな光景に出くわします。

ゴミは当たり前。冷蔵庫、オーブンレンジ、布団、マットレス、おもちゃ・・・。

今朝は、赤いパプリカと洗濯バサミという、異色の組み合わせ。

落ちてるというよりは、捨ててるんですね。
f:id:syabito:20190918105914j:image

BIG ma'am

6年前、カンボジアプノンペンのセントラルマーケット近くのウクレレ屋さんのおばさん。

最初は普通に話していたんだけど、並んでみてビックリ。

当時、僕は70キロ以上あったけど、今は57キロ。

無性に会いたくなってきました。

母親の米寿のお祝いに連れて行こうかなと画策中です。

3人で記念写心を撮って、部屋に飾りたいと思っています。

こちらの冬がカンボジアの乾季なので、なんとか実現したいと気合い入ってます。

 

大空を覆っていた雨雲が、西からどんどん晴れてゆきます。

お送りしましたこの写心が、あなたの心に元気を届けられますように。

写人がお送りした写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

9月18日 5.41キロ 86.95キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景

名残

今にも消えそうな、少し欠けた月が、

真夏のような朝日に追い掛けられています。

どこまでも高い秋の空に浮かぶ、白く透明な月は、

最高の〝晴れ舞台〟の役目を終えて流石に消えてゆきます。

秋の香りを運ぶには少々強い風に、

大空を舞うツバメは力尽きて、身を任せています。

収穫を待つ稲穂に止まろうとする赤とんぼも、あっという間に流されます。

これからのひと時。

写人が、あなたにお送りする写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190917103416j:image

思わず手を振って、サヨナラ。

天高く馬肥ゆる秋。

秋の空はなぜ高く感じるのだろう。

ご飯が美味しい季節になって、馬だけでなく、人も肥えるなあと、苦笑いしてます。
f:id:syabito:20190917103429j:image

銀杏の葉は、まだまだ青々としていて、黄色く色づくには、もう少しかかりそうです。
f:id:syabito:20190917103404j:image

朝日を浴びて透けた葉は血管のようで、

生命の神秘を感じます。
f:id:syabito:20190917103453j:image

初物を食べました。

栗ご飯が食べたくなりました。

人肥ゆる秋ですね。
f:id:syabito:20190917103442j:image

猛暑を物語るような光景が広がります。

遠くでは、収穫に向けて育つ、そばの花が秋風に揺れています。

 

どこまでも高い澄んだ青空が、

どんどん、どんよりした雲に飲み込まれて、今にも泣き出しそうです。

太陽の日差しも届かなった街中は、

どこか薄暗く寂しげです。

お送りしたこの写心が、あなたの心に元気を届けられますように。

写人がお送りした写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

9月17日 3.86キロ 81.54キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景

子どもの頃の思い出

名月、そして今年最小の満月を過ぎた月が、

雲間から煌々と輝いています。

昼間の暑さが残る境内に立つとき、

走り回って遊んだ子どもの頃の姿が瞼に浮かびます。

せいやっ!せいやっ!

爽やかな秋風が吹き抜けます。

夜の帳が落ちる頃、

若衆、若乙女たちが躍動を始めます。

これからのひと時。

写人が、あなたにお送りする写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190916070835j:image

今か今かと、立って待っていたら、

出ました「立待月」。

真ん丸お月様が、秋風に流れる雲に見え隠れ。

幻想的な、越前市の総社大神宮境内は、

両親の出身地でもあり、子どもの頃、よく遊んだ特別な場所。

どうしても、〝おそんじゃさん〟のお神輿担ぎたかったのです。

ああ。

お祭り男の血が騒ぎます。
f:id:syabito:20190916070903j:image

宮出しから、

すでに気分は最高潮。

早くも法被は、汗でびっしょり。

宮入りまでの2時間。

燃え尽きました。

f:id:syabito:20190916070909j:image

子どもの頃から、無類のお祭り好き。お神輿好き。

時間は短かったですが、今までで一番充実した最高のお神輿でした。

f:id:syabito:20190916070918j:image

左肩にできた始めた、神輿だこ。

まだまだ〝かわいい〟もんですが、

お祭り男の勲章です。


f:id:syabito:20190916071106j:image

早朝はルーティーン、文殊山で朝食を!。

遥か彼方には、

前日登った白山連峰がうっすら、朝日に輝いてました。
f:id:syabito:20190916070845j:image

 

東の空には見届けるように、

明るい月が安心した表情を見せています。

爽やかな秋風が火照った体を冷ましてゆきます。

お送りしましたこの写心が、あなたの心に元気を届けられますように。

写人がお送りした写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

9月15日 12,1キロ 73.56キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景

素敵な1日

西の空の厚い雲が、

真っ赤な東の空の光に染まりながら、どんどん消えていきます。

やがて、大空が濃紺に変わる時、

遠くの山並みを踏み切り板にして、オレンジ色に輝く名月が、ポンと飛び出ます。

名月が西の空に煌々と輝くころ、

満天の東の空にオリオンが一層瞬きます。

瞬きが薄れていく星々が、夜明けが近いことを告げています。

これからのひと時。

写人が、あなたにお送りする写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190914213310j:image

中秋の名月

こんな名月があるだろうか。

まるで、100000000年の時を超えての輝きのように、妖しく妖艶に。

やがて、全てを照らすようでに、真っ白に輝き始めます。

左側が少し欠けた名月は、

24時間かけて満月へと姿を整えます。

今宵、大きく真っ赤な満月が東の空に浮かびました。

それなのに、

今年最小の満月だそうです。
f:id:syabito:20190914213253j:image

今年最初の白山登山。

それはそれは楽しい登山となりました。

真っ青な空。

浮かぶ真っ白な雲。

全てが味方をしてくれました。
f:id:syabito:20190914213200j:image

頂に立つ。

f:id:syabito:20190914213321j:image

室堂があんなに小さく眼下に。f:id:syabito:20190914213244j:image

小池めぐり。

エメラルドグリーンの火口湖、翠ケ池。
f:id:syabito:20190914213150j:image

こんなに猛暑だったのに雪渓が。
f:id:syabito:20190914213329j:image
f:id:syabito:20190914213302j:image
f:id:syabito:20190914213234j:image

愉快な同級生たち。

f:id:syabito:20190914213336j:image

別当出合を発着に、

砂防新道、黒ボコ岩経由で室堂、御前ケ峰。

エコーラインで下山のコース。
f:id:syabito:20190914213305j:image

35,622歩。えっ!289階!!!

いえいえ、2,702㍍ですけど。

睡眠1時間6分。それは本当です。
f:id:syabito:20190914213333j:image

下山後の体データ。

 

素敵な一日。

遥か彼方の山並み上空の空が素敵な夕日に染まっています。

真っ赤な太陽が地平線の向こうに姿を消すと、

街中のビル群の向こうに、煌々と正真正銘の満月が姿を表します。

それは、車で辻々を通り過ぎるたびに、いろんな表情を見せます。

天空に瞬くオリオン座から始まった一日。

真っ青な空に浮かび上がる頂。爽やかな秋風が吹き抜けます。

お送りしましたこの写心が届けた癒しと元気が、あなたの心に美しく溶け込んでいきますように。

写人がお送りした写心の定期便「maguroストリーム」。

あなたのお供を致しましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

9月14日 18.90キロ 71.46キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景

エアコンを消して眠りについた夜が明け、

何処からともなく聴こえてくる、鳥のさえずりとともに目が覚めた朝は、

ルーティーンの出発を告げています。

浮雲に心を寄せ、大空に羽ばたく鳥を思えば、

軽やかな時が流れてゆきます。

空と雲が溶け合う彼方から、美しい音楽も聴こえて参ります。

大空に向かって深呼吸をすれば、

季節の扉が開いた秋の朝の、なんと爽やかなことでしょうか。

これからのひと時。

写人が、あなたにお送りする写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しますカメラマンは、わたくし、福田正美です。

f:id:syabito:20190912094117j:image
f:id:syabito:20190912094132j:image

羽が生えたら。

子どもの頃から、大空を飛びたいという気持ちが強くて、

夢はパイロットになることでした。

叶うことのなかった夢。

この歳になっても、ぴょんぴょん飛んでいるのは夢の名残かもしれません。

カメラマンになってからは、ヘリコプターで大空を舞っています。

フライトの2時間は、いろんなことに想いを馳せます。

時にはシャッターを切ることさえ忘れるほどです。

今でも、毎日聴いているのは、城達也ジェットストリーム

そして、きょうはマラソンの日。
f:id:syabito:20190912094142j:image

今朝、一羽の不死鳥が飛び立ちました。

大空いっぱいに羽を広げて優雅に舞う姿は、

まるで、「一緒に飛ぼう」と、誘っているようです。
f:id:syabito:20190912094125j:image

やがて、

首を前方に倒して、スピードを上げます。

あっという間に文殊と頂をかすめて、東の空に飛び去りました。

 

ひんやりとした北風がすり抜けます。

刻一刻と姿を変える秋雲が、

遥か上空の風の強さを物語ります。

飛び去った不死鳥の残り風でしょうか。

お送りしましたこの写心が、あなたの心に元気を届けてくれますように。

写人がお送りした写心の定期便「maguroストリーム」。

皆様のお供を致しましたカメラマンは、わたくし、福田正美でした。

 

9月12日 5.59キロ 52.56キロ

#ルーティーン #ラン #running #run #2019 #風景